大学院の紹介

大学院の特徴

1982年修士1回生修了式

1980年、日本で2番目となる大学院博士前期(修士)課程を、1988年には日本で初めての看護学研究科博士後期課程を設置し、日本の「国産」看護学博士第1号を輩出しました。

選択できるコースが多様です。

看護学専攻の修士論文コースでは19の専門分野、上級実践コースでは14の専門分野を開講し、ウィメンズヘルス・助産学専攻の修士論文コース・上級実践コースは、各2つの専門分野を開講しており、これほど細かく分かれた専門分野とコースを選択できる大学院はほとんどありません。

専門看護師教育課程が多様です。 

専門看護師教育課程を8コースも備えています。現在の日本のCNS制度は、本学大学院修士課程のカリキュラムが参考にされました。

看護師免許をもたない方も学べます。

看護師免許をもたない方でも学べるコースを数多く用意しています。これからの看護・医療は、様々なバックグラウンドをもった専門家がチームで担っていく必要があります。

専門性に加えて、チーム医療への対応も学修します。

大学院修士課程・上級実践コース「チームビルディング育成プログラム」

大学院修士課程・上級実践コース「チームビルディング育成プログラム」

基盤分野科目に「チームビルディング」も位置づけられており、チーム医療への対応能力も学修します。

修了生が活躍し、強力なネットワークを誇ります。

本学の卒業・修了生11名が公立・私立大学の学長を務め、5名が厚生労働省の歴代看護課長を務めています。また、日本看護系学会協議会に加盟している39学会のうち、18学会の理事長が本学の卒業・修了生です。(2013年6月時点)