News&Topics

急性期大学院生のための事例検討会を開催

2017年02月02日

急性期大学院生のための事例検討会を開催

急性期大学院生のための事例検討会を開催します。

看護問題の焦点化、問題解決のための介入に活用するIntervention Modelを学び、事例を用いたグループディスカッションを行います。
CCNSを目指す大学院生および大学院修了生の方々、ぜひご参加ください。

開催日:2017年4月1日(土)
時 間:13:00〜16:30 (開場12:30~)
場 所:聖路加臨床学術センター3階
􀂋対 象:急性・重症患者看護専門看護師を目指す大学院生および大学院修了生
定 員:36名(申し込み先着順)
参加費:3000円

【プログラム概要】
・Intervention Modelの概要説明
・事例を用いたグループディスカッション
􀂾 講師 宇都宮明美氏 (聖路加国際大学 急性・重症患者看護専門看護師)
􀂾 ファシリテーター 急性・重症患者看護専門看護師
※ ご参加の方は事前に資料「The Process Of Developing a Nursing Intervention Model 」を配布しますので、ご一読の上参加をお願いします
※ 可能な方は、ご自身の実践報告書を持参してください

参加申込:下記メールアドレスに、必要事項を記入し申し込みをお願いいたします。
メールアドレス:13MN012-ts@slcn.ac.jp (宮岡)
記入必要事項:①氏名 ②所属 ③Eメールアドレス

※締め切り 2月28日(火)