看護学部の紹介

マギル大学語学研修

カナダ国旗

[Canada]McGill University

マギル大学について

1821年創立で、北米で最も古い伝統と高い教育レベルを誇る大学。夏休み期間を利用して英語の集中プログラムを実施。学生寮やホームステイで異文化に触れながら英語を学び、プログラム修了後は単位として認定されます。学生数は3万7,000人を超え、また、世界150カ国から7,200人を超える留学生が在籍し、全体の20%となっています。

概要

【研修概要】
大学での週25時間の英語授業や様々な課外活動、現地大学生や留学生との交流を通じ、英語スキルアップと異文化交流を目的としたプログラムです。現地では、マギル大学の学生モニターが同行し、英語学習と現地生活をサポートします。
【募集人数】上限なし
【期間】約3週間
【費用】約65万円
プログラム研修費、宿泊費(大学寮)、海外渡航費を含みます。一部について奨学金を利用できる場合があります。
【単位認定】
帰国後の報告リポート等により学習目標を達成したと評価された場合、海外語学演習の単位として認定されます。

プログラムの特徴

【英語クラス】
週25時間の授業が行われます。経験豊富な講師による英語講義と、発音矯正クリニックで構成されています。参加者の語学スキル別に初級~上級の4つのクラスに分けて行います。
【モニター制度】
マギル大学学生が、モニターとして24時間付き添います。モニターは全ての課外活動に同行し、生徒に英語を話す機会を豊富に提供します。緊急時にも、24時間体制で応じます。
【課外活動】
授業後、週末には、学生モニターによる市内観光案内や留学生の交流アクティビティが行われます。カナダの文化をモニターや留学生との交流を通じて学習することができます。