看護学部の紹介

マギル大学医療英語研修

[Canada] McGill University

マギル大学について

1821年創立で、北米で最も古い伝統と高い教育レベルを誇る大学。夏休み期間を利用して英語の集中プログラムを実施。学生寮やホームステイで異文化に触れながら英語を学び、プログラム修了後は単位として認定されます。学生数は3万7,000人を超え、また、世界150カ国から7,200人を超える留学生が在籍し、全体の20%となっています。

概要

【研修概要】
聖路加国際大学とマギル大学が共同で開発した、英語学習プログラムです。講義形式に加え、現地医療施設での見学実習を行い、看護・医学英語を実践的に学びます。 プログラム期間中は、カナダ人家庭にホームステイ(食事付)をし、日常英会話の機会を得ながら、現地の人々の生活を体験することができます。 学部生だけでなく、大学院生・聖路加国際病院スタッフも参加可能で、英語を使った看護を目指す人のための開かれたプログラムです。
【募集人数】約20名
学部生(2~4年生)
大学院生(2年生)
聖路加国際病院看護師
【期間】17日間
【費用】約45万円
プログラム研修費、宿泊費(ホームステイ)、海外渡航費を含みます。 一部について奨学金を利用できる場合があります。
【単位認定】
現在、認定検討中(2015年3月現在)