教員・専門領域Faculty and Research

急性期看護学

吉田俊子教授

急性期の対象と家族のQOLの維持・向上を目指し、早期回復とその人らしい望ましい生活の獲得への看護を探究します。修士論文コースでは急性期のみならず、健康支援に必要な理論やエビデンスの理解を深め、急性期の健康課題に対する高い研究能力の獲得を目指します。上級実践コースでは、急性期の対象に高度な看護実践を行い、QOLを高める看護実践能力の獲得を目指します。博士後期課程では、健康各期の連続性を見据え、急性期の健康課題への新たな看護支援方法の開発を行っていきます。

研究室教員

  • 職名教授/Professor
  • 担当分野急性期看護学、臨床看護学
  • 職名准教授/Associate Professor
  • 担当分野急性期看護学、周麻酔期看護学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野急性期看護学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野急性期看護学

活動紹介

準備中

研究活動

準備中

教育活動

社会貢献活動

準備中

過去5年間の修士/博士学位 論文テーマ

準備中

院生の声

準備中