教員・専門領域Faculty and Research

周麻酔期看護学

麻酔科専門医の監督と指示のもとに、看護師として麻酔科医の業務補助を専門に行う周麻酔期看護師 (聖路加国際大学院内認定)を養成する修士課程です。麻酔科学は急性期の総合診療であり、麻酔科医の業務範囲は、手術時の麻酔科診療のみならず、術前の患者評価と準備、術後の疼痛管理および呼吸循環管理、鎮静下検査処置、硬膜外分娩麻酔、疼痛緩和ケア、そして救急蘇生を含む患者安全と危機管理など、手術室の外の広範囲な診療が含まれます。全身評価と急性期患者管理の基礎となる臨床解剖学生理学、病態生理学、臨床薬理学を中心とした授業に加え、高機能生体シミュレータなどを用いた救急蘇生や臨床麻酔の演習とともに、麻酔科指導医の指導のもとでの麻酔科外来、手術症例の実習を行い、患者に対する麻酔科医の思考過程を学び、周麻酔期看護師としての役割を学びます。課題研究では、各々が看護師として抱いてきた臨床上の疑問点をテーマとして取り上げ卒業後も続く日々の臨床研究に生かせる基盤とします。麻酔に関わるすべての場面(術前・術中・術後)で患者が安心して治療に取り組めるように、確かな知識と技術を持って支援できる能力の修得を目的としています。そこで、麻酔や手術に対する人体の反応を理解するための生理学、生体侵襲学、心理学的諸理論等を修得し、さらに、それらの反応を最適化するためのさまざまな方法について幅広く修得します。実習を通し、多様な実践の場で高い臨床実践能力を活躍できる能力を育成します。周麻酔期看護学では、麻酔に関わる多くの医行為の実施が関わり、しかも麻酔科専門医の直接の監督の下に業務を遂行することから、麻酔科指導医資格を持った医師を中心として教育課程ですが、看護師としての視点を失わないためにも、看護他領域との連携は密にしています。

研究室教員

  • 職名特任教授/Professor
  • 担当分野周麻酔期看護学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野周麻酔期看護学
片山 正夫
  • 職名臨床教授

活動紹介

日本の麻酔の歴史は200年前の華岡清州にまで遡ります。しかし近代麻酔科学の発展は1950年代以降と新しく、手術の安全確保のためには専従の麻酔科医が必要であることが一般にも理解され始めたのは、患者取り違え事件などで医療事故に注目が集まった2000年代に入ってです。このため麻酔科学が外科の一部であるかの考えは医療者の中にも根強く存在しています。しかし、麻酔科学は、急性期の総合診療学というべきものです。麻酔では、内科系の患者を含めて侵襲的な処置や手術を行う場合にも、呼吸循環を強力に人工的に協力に調節することで侵害刺激から患者を護っており、術者や外科医の片手間仕事では患者の安全、安楽を保てません。麻酔だけでなく深い鎮静による検査や処置の場合でも、緊急時に対応できる専従の医療者が必要であり、それは周麻酔期看護師が今後果たすべき重要な役割です。現在の活動の中心は、あらゆる機会を通じて、鎮静・麻酔患者の安全に対する社会的な認知度をあげることです。その中のひとつにPANnetwork (Perianesthesia Nursing Network) 活動があり、定期的に同様の趣旨を持った仲間の情報交換と、継続教育の機会としている。

研究活動

  1. 麻酔中の患者の安全確保に関わる病態生理学的、臨床薬理学的研究
  2. 患者の苦痛・疼痛緩和に関わる研究
  3. 各種生体モニター開発に関わる研究
  4. 各種急性期医療情報の電子化とその活用の研究
  5. 救急蘇生率向上に関わる研究
  6. 在宅医療に最適化した医療機器開発の研究
  7. 安全で苦痛のない静脈輸液療法に関わる研究
  8. 周麻酔期看護師導入が、麻酔科医療、病院医療へ与える効果の研究、など。

教育活動

  1. 麻酔、急性期医療での患者の臨床評価法
  2. 麻酔前の患者評価と患者への情報の与え方
  3. クローズドループコミュニケーションなどチーム医療で求められる非技術的な技量(nontechnical skills)の習得
  4. 安全なチーム間、あるいはチーム内での各種チェックリスト活用法
  5. 危機的、危急事態での対応、クライシスマネージメントに関わる教育を、高機能シミュレータを用いて教育
  6. 各種特定医行為を含む、医師の直接の監督下での看護師の医行為を安全に遂行遂行するための、基礎理論及び技能の習得の教育など。

社会貢献活動

  1. 様々な制約の中で自宅で人工呼吸器をつけて生活している小児患者とその家族に、自宅外での一般社会生活の場をおくることができる環境をつくるボランティア活動 :パピーサマーキャンプ。
  2. 病気を持った小児患者が、安心して安全に旅客機やヘリコプタなど航空機で移動できる社会の実現:J-Pmac。
  3. 小児二次救急蘇生 (PALS: Pediatric Advanced Life Support)プログラムをILCOR(国際蘇生協議会)AHA(アメリカ心臓協会)と協力し、日本国内で普及させ、小児急性期医療の質の向上

過去5年間の修士/博士学位 論文テーマ

修了年度 論文テーマ
2012 Simulation-based Continuing Education Acute-care Nursing Workshop Evaluation by Nurses in Urban Areas of Bangladeshu
2011 日本におけるムスリム女性の妊娠・出産体験と周産期ケアニーズ
2011 インドネシア西ジャワ州の都市におけるII型糖尿病女性の食生活
2010 台湾における看護基礎教育課程教員の災害看護教育活動と課題認識
2009 A Study of Determinants of Intention to Stay among Kenyan Nurses
2009 タンザニア連合共和国都市にあるセカンダリースクールに通う男子学生のHIV/AIDSに関する知識と態度

院生の声

私は、病棟看護師、移植コーディネータ、看護教育など、主には手術室の外の看護業務に携わって来ました。臨床の現場で麻酔科医の存在の重要性を感じつつも、日常的な接点は極めて限られていました。「看護師として麻酔科医の業務を補助する」という周麻酔期看護学の基本理念に強く惹かれ入学しました。実際一年目では、これまで看護師としては余り得意ではなかった、体系的な病歴や身体所見の評価、解剖生理学を背景にした病態生理学、薬理学、医療機器などの勉強に加え、手術室内での麻酔科医補助業務以上に、外来、術前・術後、あるいは鎮静業務、そして患者不安の解消など、手術室の外で麻酔科医の手や思いが十分に届いていない領域での活動の可能性を考慮したカリキュラムが組まれていて、臨床麻酔科医の声を直接聞く機会も多く、日々学ぶことが多いながらも充実した学生生活をおくっています。二年目では、シミュレータ教育と実習が中心となり、課題研究は自分が持つ疑問に答える課題の選択が推奨されています。研究計画の指導体制も整っていて学びやすい環境だと感じています。

(河野優子; 修士課程 2年生)