看護学研究科Graduate School of Nursing Science

カリキュラム(博士後期課程)

国際性豊かに日本の看護学研究をリードしています

カリキュラムは基盤分野と専門分野、および看護学特別演習、看護学特別研究から構成されます。基盤分野では、専門分野での研究を支える教科目を開設し、理論や研究方法を学びます。専門分野では、それぞれの研究テーマに沿って課題を深め、看護学特別演習(研究計画書)と看護学特別研究(博士論文)につなげていきます。なお、本学と聖路加国際病院は米国聖公会と関係があり、教育・研究に便宜が図られています。

研究指導については、専攻分野の担当教員の他、必要に応じ、学内・外から研究指導を受けられるよう配慮しています。

立教大学の社会学研究科ならびにコミュニティ福祉学研究科と相互聴講制度があり、また韓国のヨンセイ大学、タイのマヒドン大学、米国のオレゴンヘルスサイエンス大学、カナダのマックマスター大学のいずれも看護学部と学術交流協定を結んでおり、海外での研修や共同研究が始まっています。