看護学研究科Graduate School of Nursing Science

カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施方針

本学の教育は、学生が各個人に賦与された資質を心身両面にわたって調和よく発展させ、知的能力と判断力を高めるとともに、道徳的、倫理的価値観を形成するように支援する。自他を問わず人間を愛し、相互に理解し合い、人種・信条を問わず人間社会の種々の領域に積極的に参加し、看護を通して公共の福祉を推進する人材となるよう支援する。 また、社会の要請に応えて、教育と研究を通して看護学の発展のために努力を続け、その成果を看護教育と看護実践に役立てることによって、広く社会に寄与する人材となるよう支援する。

  1. カリキュラムは、専門科目を学び深めるために必要となる看護学の基礎的理論や研究技法、
    ならびに関連諸科学の理論や技法を学ぶ基盤分野と、専門分野から構成する。
  2. 修士課程においては、教育・研究者を育成するコースと、高度実践家を育成するコースを
    設け、それぞれの目的に応じた科目を配置し、指導教員のもとで修士論文の作成または課題
    研究と高度な実践能力の育成を行う。
  3. 博士課程では、研究者・教育を育成するために、基盤分野、専門分野を学んだ上で、博士
    論文を作成する。