公衆衛生大学院について

学長あいさつ・研究科長あいさつ

FUKUI Tsuguya

  私は1980年代前半に米国の病院でクリニカルフェローとして診療に携わる傍ら、公衆衛生大学院の修士課程で学ぶ機会を持ちました。そして帰国時には、米国とわが国の医療の違いのかなりの部分は、わが国に米国のような公衆衛生大学院が存在しないことに起因するとの強い信念を抱くように至りました。そうして幸運なことに、2000年には、当時奉職していた京都大学医学研究科に社会健康医学系専攻という、わが国第一号の公衆衛生大学院を設立することができました。

  このような経験を基盤に、聖路加国際大学に2017年4月1日付で公衆衛生大学院を開設しました。当大学の公衆衛生大学院は、米国のCouncil on Education for Public Health (CEPH)の規定を参考にしたプログラムを作成し、多くの外国人教員の参画を得て、授業は原則として英語で行うなど、その国際性に最大の特徴を有します。加えて、聖路加国際病院の臨床・健診データを演習や研究に活用できること、多様な選択科目が用意されていること、さらには学位取得プログラムに柔軟性を持たせるなど、学習者への利便性も図られています。
本大学院が、「社会における人間の健康と幸福の保持・増進に寄与する高度専門職業人」としてのキャリアを目指す、様々なバックグラウンドを有する方々にとって最適の勉学の場となりますよう、祈念しております。

学長福井 次矢


ENDO Hiroyoshi

  2017年4月より日本で5番目となる公衆衛生大学院(専門職大学院)を開設しました。専門職大学院は、科学技術の進展や社会・経済のグローバル化に伴う、社会的・国際的に活躍できる高度専門職業人養成へのニーズの高まりに対応するため、高度専門職業人の養成に目的を特化した課程です。聖路加国際大学の公衆衛生大学院は、医療の質をクリエイトするスペシャリストを育てるグローバルスタンダードな専門職大学院を目指しています。

  お蔭様で第一期生として定員を超える入学者を迎えることができました。入学者のバックグランドは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士のみならず、IT企業の関係者など医療以外の分野で活躍している社会人もいらっしゃいます。これにより、公衆衛生という幅広い視点から様々な経験を持つ院生と教員によるインターラクティヴな学修という理想的な環境が整いました。またフィリピン、マレーシア、バングラデシュ、エジプト、ガーナの5か国から留学生を迎えることにより、国際性を持った教育が実現します。

  引き続きこのホームページを通じて大学院の最新情報を提供してゆきます。国内外のより多くの方々に関心を持って頂き、職業人としてのスキルアップを目指す様々なバックグランドを持っている方々に入学していただけることを期待しています。

公衆衛生学研究科長 遠藤 弘良