教育

国際保健科学分野

Division of Global Health Sciences

健康の概念が国境を超えるユニバーサルコンセプトであるという認識が高まり、国際保健学への関心は急速に広まりました。国際保健科学は、世界中の全ての人々における健康と公平性の改善を目標として、あらゆる公衆衛生分野を巻き込んだ総合的な分野です。国際保健学では、感染症コントロール、母子保健、質の高い医療へのアクセスの格差などを扱います。当研究科の国際保健科学分野は、幅広い専門知識とWHOなど国際機関での実務経験を有する国際経験豊富な教員で構成されています。

科目

国際保健学

世界の途上国、先進国の人々の健康の現状、改善目標(MDGsなど)ならびにその国際協力の仕組み(二国間協力、多国間協力など)と実施機関(JICA,WHO、NGO等)を理解したうえで、それぞれの課題と解決策を学修する。(選択・前期)

担当教員:
遠藤

国際感染症学

三大感染症と言われるエイズ/HIV・結核・マラリア、インフルエンザなどパンデミックを引き起す急性感染症、フィラリア症をはじめとしたNeglected Tropical Diseases、あるいは西アフリカにおける大規模アウトブレイクを起こしたエボラ出血熱など21世紀に入り世界の人々の健康を脅かしている感染症の現状と背景をなしている課題を学修する。そしてサーベイランス、field epidemiologyなどの手法を学修し、公衆衛生専門家としてアウトブレイク対策やバイオセキュリティ、バイオディフェンスにおける役割を学修する。(選択・前期)

担当教員:
竹内

母子保健学

わが国の母子保健、および国際母子保健における基本的知識と方法論を理解し、その有効性と限界を考察する。また、母子保健領域の公衆衛生学研究の視点から考察を深め、研究に対する探究心を養う。(選択・前期)

担当教員:
麻原