入学について

博士後期課程[入試情報]

出願資格

修士(公衆衛生学)あるいは公衆衛生学修士(専門職)の学位を有する者 (MPH, etc)で、なおかつ医療・保健・福祉関連といった公衆衛生に関する分野で 3 年以上の実務経験を有すること

出願情報

随時ニュースにてお知らせします。

出願書類

  1. 入学試験願書
    英語で書かれた志望動機(Statement of Purpose)
    修士論文、実践課題または修士課程で行った研究の概要(200~300 語:英文)
    研究計画書:志望する研究領域の今後の研究計画についてまとめたもの(300~500 語:英文)
  2. 2通以上の推薦状(日本語もしくは英語)
  3. 成績証明書
  4. 卒業証明書または卒業見込み証明書
  5. 英語力証明書
    (出願日より遡って 3 年以内)
    (試験(証明書)の免除: 英語圏での学位をお持ちの方は証明書の提出は免除します)

検定料

  • 検定料:40,000 円

    *詳細は変更する可能性があります。