聖路加国際大学についてUniversity Information

2020年度学位記授与 看護学研究科博士後期課程修了生代表 答礼のことば(2021年3月10日)

看護学研究科博士後期課程修了生代表 木村 理加

寒さも和らぎ始め、桜の蕾や花々の芽吹きに春の訪れを感じる季節となりました。COVID-19による非常事態の中、様々な形を模索していただきながら学位記授与式を開催いただきましたこと、堀内学長をはじめ諸先生方、職員の皆様に、修了生一同心より感謝申し上げます。

博士課程に入学した当初、このような世界情勢になるとは想像もしていませんでした。今年度はコロナ禍で博士課程の本研究を行うことになり、第一波が収まり第二波に入ろうとする時期にデータ収集を行うことになりました。私の研究はICU看護師に対して人工呼吸器離脱に関するe-learning教育を行う内容であったため、COVID-19の影響で特に負担の大きいICU看護師に協力していただけるのだろうか、と不安な思いでおりました。しかし開始してみると、多くの方が勤務の合間をぬってご協力くださり、無事調査を完遂することができました。コロナ禍で研究を行うという経験を通して、実現可能な方法について柔軟な思考で考えることを学びました。そして、研究は多くの方々の善意と協力があってこそ行うことができることを、改めて実感しました。研究に協力いただいた方の思いを無にしないよう、看護の発展に向け研究成果を臨床ケアに還元するという責務を果たすべく、研究者としての決意も新たに、今後取り組んで参りたく思っております。

博士課程のコースワークを通して、高い志を持ちながら様々な専門分野で活躍している同期の仲間と共に学びを深めることができたことは、私にとって貴重な時間でした。社会学の木下先生の講義で、「答えは目に見えないところにあるのかもしれない」いう言葉に触れ、それまで考えたことの無い視点から物事を捉えることによる、思考の広がりを教えていただきました。理論看護学の田代先生の「博士課程を修了することは研究者としてのスタートラインに立ったことに過ぎない」という言葉も心に強く残っています。指導教授の温かい言葉にいつも励まされ、適切な助言をいただき前に進めるよう導いていただくことで研究を進めることができました。たくさんの同期の仲間や先生方のおかげで、辛いと思うことも前向きに捉え、原動力とすることができました。

仕事と子育てを行いながら、時間の制約がある中でも大学院で学ぶことができたのは、職場の方々、そして家族の理解と協力のおかげであり、幸せなことであったと感じています。多くの方に支えられながら、恵まれた環境で学びの機会をいただいたことに感謝しています。

COVID-19による未曾有の事態、医療崩壊を目の当たりにし、これから看護の研究者として果たすべき役割はますます大きいことを実感しています。多くの課題に立ち向かい、看護の発展に貢献できるよう、修了生一同今後共精進して参ります。

最後に今日まで私たちを支えて下さった諸先生方、職員の方々に心より御礼申し上げます。皆様の一層のご活躍と聖路加国際大学の更なる発展を願い、答礼とさせていただきます。