聖路加国際大学についてUniversity Information

2020年度入学の祝辞 学長

学長 堀内 成子

桜咲く美しい季節に、新しい世界へようこそ。
ご入学おめでとうございます。

聖路加国際大学に入学なさいました学部生、大学院生の皆様を心より歓迎いたします。本学は1901年米国の宣教医師ルドルフ・ボーリング・トイスラー博士により創設されました聖路加国際病院に端を発します。その後、日本の医療水準を向上させることと同時に看護の質を高める必要性から、1920年聖路加国際病院附属高等看護婦学校が誕生し、本年2020年度で看護教育100周年を迎えます。

誰も予想しなかった新型コロナウィルス感染症の世界的流行の中で始まる学究生活に戸惑いが大きいことと思います。予防策として3つの条件(密閉・密集・密接)が重ならないよう工夫することが勧められ、人々が集まり行動を共にするという人間社会の根底を揺るがす事態になっています。当たり前だと思っていた日常が、とんでもなく貴重な瞬間であることを教えてくれます。この危機が人間同士の新たな絆や、新たな医療システム、治療方法の発展、次なる疫病災害への備えという豊かな成果につながることを願います。

人類の知恵を最大限に活かして、どんな試練にも窮地を脱する手立てがあるはずです。医療・看護学・公衆衛生学を学ぶものとして、病に苦しむ人々への治療とケアを探究し、信頼できる情報の選択、予防活動の啓発等、祈りとともに誠実に行動いたしましょう。

校歌に記されている聖路加に集う人々の思いを、あなたもその一員としてつなぐことを託されています。皆様と集い、共にこの校歌を歌う日が来ることを心待ちにしています。

              
輝かし金の十字架みさとしは
かしこにぞあり いざ友よ
こころみがかん 世の人に
この身ささげて
美しく はげしく生きん