聖路加国際大学についてUniversity Information

2021年度学位記授与 看護学研究科長 祝辞(2022年3月10日)

看護学研究科長 麻原 きよみ

 修了生の皆さん、ご修了おめでとうございます。
 新型コロナ感染症拡大が繰り返す中で、データ収集や実習等に大きな影響があり、ここまでの道のりは簡単なものではなかったと思います。しかし、皆さんはさまざまな困難を耐え抜き、やり抜きました。一つの事をやり遂げること、これが皆さんの今後の研究や実践の原動力、そして一人の人間として自律して力強く生きていく力になると信じています。
 現在、COVID-19という新型感染症に加え、国際紛争が大きな問題になっています。米国ハ—バード大学の政治哲学教授であるマイケル・サンデルは、「政治哲学(Justice論)」の最終回で、哲学的な疑問は永遠に解決されないが、それでも考え続けることが大切であること、そして「私たちはこの質問に対する答えを生きているのだから」と学生に伝えました。将来、国の政策決定者やビジネスの世界で権力者になるだろう学生たちに向けたこの言葉は、人々のためにあろうとするあり方と、世界規模の安寧を託した期待を示しているようにも思います。
 そして、人々と社会のために貢献する研究者、上級実践者の皆さんもまた、研究においても実践においても、たとえ答えがないように思える状況においても、困難や疑問、不安に向き合い、何が原因なのか、どうしたらよいのか、考える事を辞めず・諦めずに考え続けていってほしいと思います。それが人々のためにあろうとする研究者や実践者のあり方・生き方になると思うのです。
Your life as a researcher or an advanced practitioner has just started. I’m sincerely rooting for each one of you. And I pray that your future is glorious and satisfying one.
Congratulations everyone!