聖路加国際大学についてUniversity Information

2021年度学位記授与 看護学研究科修士課程修了生代表 答礼のことば(2022年3月10日)

看護学研究科修士課程修了生代表 山形 泰士

 寒さも和らぎ始め、やわらかな日差しに、春の訪れを感じる季節になりました。本日、多くの方々のご尽力のもと、仲間とともにこの日を迎えられたこと、心から嬉しく思います。また、堀内学長ならびに諸先生方のご臨席を賜り、こうして学位記授与式を催していただきましたこと、修了生を代表して心より御礼申し上げます。
 2年前、もしくは3年前の春、私たちは、研究者、高度実践看護師、助産師、保健師を目指し、聖路加国際大学大学院の門を叩きました。年齢も立場も異なり、多様な価値観をもつ私たちは、講義やグループワークを通してお互いを刺激し合い、さまざまな視座を獲得していきました。そして、新たに獲得した知識、経験を活かして、それぞれの看護実践や研究の課題に向き合い、時に苦しさを伴うこともありましたが、修士論文や課題研究のように1つの成果としてまとめることができました。このような大学院での学修を支えてくれたのは、切磋琢磨しながら学び合う多領域の仲間たちの助け合い、専門分野の経験豊富な諸先生方の教え、諸先輩方からの励ましでした。この絆は、私たちの人生における財産であり、これからの課題解決における糧となるでしょう。
 振り返ってみますと、この2年間の私たちの学びは、新型コロナウイルス感染症とともにありました。新型コロナウイルスは、今この瞬間にも世界で猛威を振るい、多くの医療従事者が患者を救うべく、昼夜問わず奮闘しています。一方、院生である私たちにとっては、研究のデータ収集が思うようにいかない、感染状況によって臨床実習に制限がかかる、といったような如何ともし難い状況に陥ることがありました。しかし、このような時勢であっても、私たちが学びを止めずにこの日を迎えられたのは、ひとえに諸先生方や大学職員の皆様のご支援のおかげだと実感しております。
 本日から、私たちは、新たなスタートラインに立ちます。それぞれの進む道は違いますが、立ちはだかる過酷な荒波を乗り越えていかなければなりません。そのような苦難の航海に挑むときこそ、聖路加国際大学大学院で培った、看護に対する飽くなき探求心を道標として、より一層精進してまいります。
 最後に、この素晴らしい学習環境の中で、それぞれの課題に取り組むことができたのは、伴走者として支えてくださった諸先生方をはじめ、大学職員の皆様、学びを共にした修士課程の仲間たち、大学院生活を見守り応援してくれた家族のおかげです。私たちを支えてくださったすべての方々に修了生一同、心より感謝申し上げます。そして、皆様の今後一層のご活躍と、聖路加国際大学のさらなる発展を願い、答礼の挨拶とさせていただきます。