なし

保護者の皆さまへ

歴史

1901年、聖路加病院を開設したルドルフ・B・トイスラーは、1920年、日本の看護の水準を高めるため、聖路加国際病院附属高等看護学校を設立しました。それ以来、本学は高等看護教育のパイオニアとして、常に先進的で最高レベルの看護を追求してきました。卒業生は公的機関、国内外の大学、病院、地域や企業などで活躍し、高い評価を受けています。2014年、聖路加国際大学として名称を変更し新たなステージを迎えた本学は、教育-研究-実践の融合を実現し、国内外の看護保健の発展に貢献する人材を育成していきます。

卒業生の主な就職先

本学卒業生の多くは看護師として臨床現場に進みますが、就職先は様々です。近年は大学院に進学する卒業生も増加傾向にあり、学部入学時から大学院進学を視野に入学する学生も増えています。また病院だけでなく、医療機関・自治体・学校等に進み、様々な分野で活躍しています。また、グローバルな活躍が目立つのも特徴です。

学費

奨学金

経済的に安定した学生生活を送ることができるよう各種奨学金制度を設けています。学生支援センターにてご相談を承っております。

住居のご紹介

近隣の住居等について、学生支援センターにてご相談を承っております。