FAQ

よくあるご質問

看護学部

学生生活、学内施設

  • 入試や学生生活等の話を在学生の方に直接聞いてみたいのですが、どのような機会がありますか。
    2015年度は、6/20(土)、8/1(土)、8/2(日)のオープンキャンパスと、11/14(土)、11/15(日)学園祭【白楊祭(はくようさい)】にて在学生の受験相談コーナーを開催します。このコーナーでは、在学生から直接話を聞いていただくことが出来ます。予約は不要です。
    なおオープンキャンパスでは、在学生による受験生向けのシンポジウムを行います。在学生の受験体験や学生生活について、いろいろな話を一度に聞くことができます。
  • オープンキャンパス以外に入試相談や見学はできますか。
    不定期ですが、土曜日に学内見学を予約制で行っています。希望される場合は、大学ホームページもしくはお電話にてお申込みください(直通03-5550-2294)。図書館や学食、聖ルカ礼拝堂などをご案内した後、約30分間入試相談を行います。所要時間はツアーと入試相談で約60分です。
    なお、人数や大学の都合などにより、見学コースや時間に変更が生じる場合や見学を行っていない場合もあります。平日の見学を希望される場合にもご相談下さい。
    聖路加国際大学ホームページ
  • 学生寮、学生会館等の入居施設はありますか。
    学生寮や学生会館等の入居施設はありませんが、ご希望の方には本学へ紹介のあったアパート・マンション・学生会館等の資料をお渡ししています。必要な方は学生支援センターへお問い合わせ下さい。
  • 過去問題集はどこで見れますか。
    「一般入試」および「学士編入学入試」の過去問題集につきましては「願書・資料請求・過去問」内の「過去問題集請求方法」の項をご覧ください。
    なお、推薦の過去入試問題は非公開となっております。

入学試験について

  • 受験生の年齢制限はありますか。
    本学の入学試験では受験生の年齢制限はありません。
  • 答案用紙の形式はマークシートですか、記述式ですか。
    いずれの入学試験もマークシート形式ではなく、記述式です。
  • 受験票はいつ頃返送されてきますか。
    出願いただいて、本学にて出願書類の処理が全て終わってから返送しますので少し日数がかかります。万が一、試験の3日前までにお手元に届かない場合は電話にて入試事務室(03-5550-2294)までご連絡下さい。
  • 試験当日に受験票を忘れた場合はどのようにしたら良いですか。
    本学の教職員にお申し出下さい。入試本部で入学試験願書と本人照合を行って受験票を再発行します。
  • 試験当日の朝に、大規模な交通遅延がおきた時はどうなりますか。
    試験開始時刻の変更などは、本学のホームページで発表します。
  • 試験場に忘れ物をしてしまいました。どこへ連絡したら良いでしょうか。
    大学にてしばらく保管していますので、代表電話(03-3543-6391)にお問い合わせ下さい。

一般入試

  • 試験中の保護者の待機場所はありますか。
    1次試験については、お待ちいただく部屋の用意はありません。
    2次試験については、大学本館学生ラウンジをご利用いただけます。
  • 過去問題集はありますか。
    2015年10月下旬に、教学社から「大学入試シリーズ(赤本)」が発売されます。本学窓口もしくは全国の書店でお求め下さい。2015年度一般入試問題につきましては、本学窓口にて販売しております。(1部500円。解答は付いていません)
  • 「国語」か「数学」かの選択は事前に申請が必要ですか。
    事前の申請は不要です。試験当日の問題を見てから決められます。
  • 「生物基礎」と「化学基礎」は30分ずつ試験時間が区切られるのですか。
    「生物基礎」と「化学基礎」の両科目を合わせて60分間の中で受験していただきます。
  • 補欠についてはどうなりますか。
    補欠の方には本学から通知書と連絡票を郵送しますので、連絡票のご返送をお願いします。欠員が生じた場合には本学から電話にて連絡します。

推薦

  • 推薦入試で不合格となった場合、一般入試の出願は出来ますか。
    推薦入試で不合格となった場合、一般入試にも出願いただけます。ただし、出願手続きについては新たにやり直していただきます。
  • 過去問題集はありますか。
    推薦の過去入試問題は公表しておりません。
  • 今、大学生なのですが、推薦入試に出願することは出来ますか。
    出願基準を満たしていれば、大学生でも出願が可能です。高校卒業後5年未満で、高等学校の時の学業成績が全体の評定平均値4.1以上であれば出願していただけます。詳細は入試案内を参照してください。

帰国生

  • 家族と一緒ではなく、自分ひとりだけで海外の高校へ留学していました。帰国生入試の出願は出来ますか。
    本学の帰国生入学試験は、保護者の外国勤務などの事情により同行した方であることが出願資格となっていますので出願はできません。ただし、推薦入試の出願資格を満たしていれば推薦入試の出願が可能です。
  • 夏に外国の高校を卒業したのですが、志願者評価書を高校の担任の先生に書いてもらうことができません。どうしたらよいですか。
    こちらの募集要項・願書が公表されてからの作成をお願いしております。また、志願者評価書は志願者をよく知る親族以外の方であれば、どなたに作成していただいても構いません。
  • 成績証明書や志願者評価書が英文でも構いませんか。
    英文でしたらそのままでご提出いただいても結構です。

第2年次学士編入学(社会人入試)

  • 学士編入学試験はどのような人が出願できますか。
    4年制大学を卒業した方と翌春3月に卒業見込みの方を対象とした入試制度です。学部による制限はありません。
  • 現在、フルタイムの仕事をしているのですが、学業と両立は出来ますか。
    入学後は、時間割が過密なため、学業に専念していただく必要があります。
    出願時にフルタイムでお仕事をされている方(アルバイトを除く)は入学時に退職証明書または休職証明書を提出して下さい。書式は自由です。
  • 既に卒業した大学で修得した単位の認定はしてもらえますか。
    一般教養科目は「キリスト教概論」を除き、卒業に必要な28単位を認定します。
    また履修済みの科目が本学の基礎科目に相当する場合も認定します。本学の専門科目についての認定は行っておりません。
  • 過去問題集はありますか。
    大学窓口にて1冊500円で販売しています。
    テレメールでも購入いただけます。消費税と送料を含んで600円です。
    「願書・資料請求・過去問」内の「過去問題集請求方法」の項をご覧ください。
    なお入試問題は2015~2013年度の過去3年間分を掲載していますが、解答は付いていません。
  • 看護系短期大学から編入学はできますか。
    看護系短期大学からの編入学制度はありません。
    なお学部は問いませんので、学士の学位を取得されていれば、本学の大学院入試に出願していただくことが可能です。
  • 一般の短期大学から編入学はできますか。
    学士編入学試験の出願資格には該当しません。一般入試に出願していただけます。