公衆衛生大学院について

建学の精神

本研究科は、医療・保健分野における高度な専門知識の修得および国内外の諸問題をグローバルスタンダードに照らし合わせて解決する能力の育成により、社会における人間の健康と幸福の保持・増進に寄与する公衆衛生分野の高度専門職業人を養成することを目的とします。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

専門職学位課程

社会における人間の健康と幸福の保持・増進に寄与する高度専門職業人を養成するため、数理科学・社会科学・人文科学を包括し、医療と保健、福祉の有効性・効率性・倫理性などに関する教育を行う。本研究科にて学位を授与された者は以下に述べるような能力を保持することが期待される。
1.医療・保健・福祉を取り巻く環境の変化を踏まえ、公衆衛生上の諸問題を科学的に分析・評価する能力(広い視野で医療・保健・福祉をとらえ、科学的に分析する能力)
2.医療・保健・福祉の分野における国内外の諸問題をグローバルスタンダードに照らし合わせて評価・解決する能力(国際性および問題解決力)
3.公衆衛生分野における高度専門職業人に必要な実践的技術・能力(疫学・生物統計学等、定性的、定量的分析方法の専門知識・技能)
4.公衆衛生の実践活動においてリーダーシップを発揮できる能力(リーダーシップ)

博士後期課程

教育目標に到達するために計画されたカリキュラムによって学修し、定められた単位を修得するとともに、
・公衆衛生分野の実践に役立つ高度な研究に関する技術と知識を有している、
・今後の研究課題の展開および自立して研究者としての見通しを持っている、
・教育者、リーダー的研究者として必要とされる態度・資質を有している、
・教育者、リーダー的研究者としての幅広い知識・教養を有している、
と判断され、博士学位論文の審査ならびに最終試験に合格した者に、博士(公衆衛生学)の学位を授与する。

(聖路加国際大学 教育に係る方針等に関する規程 別表2)

教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

専門職学位課程

本研究科は、社会における人間の健康と幸福の保持・増進に寄与する高度専門職業人を養成するため、多様な背景をもつ学生の経歴に応じた具体的目標を定め、グループワークやフィールドワークなどのアクティブラーニングを中心におきつつ、講義やケーススタディなどを組み合わせた体系的な教育課程を以下の考え方により編成する。
1.国際的な公衆衛生学教育プログラムの認定機関である米国公衆衛生教育協会Council on Education for Public Health(以下、CEPH)において基本科目とされる「生物統計学」「疫学」「医療管理学」「社会・行動科学」「環境保健科学」を基盤として、「生物統計学」をはじめ、科目区分「疫学」の中には「臨床疫学」、「疫学実習」を別に設ける。また、「公衆衛生応用科目」の中に「健康・行動科学」、「医療政策管理学」、「環境科学」を置き、さらに「学際健康科学科目」において個別具体的な学修を深め、「実践課題」の履修によって完成させる、という体系的な学修体制の教育課程を編成する。
また、修了要件単位数をCEPH の認証基準である42 単位とすることにより、CEPH 認証基準に準拠した世界水準のカリキュラムを提供する。
2.聖路加国際病院を中心とする実践の場を提供することにより、「臨床疫学」分野をはじめとする最先端の臨床研究や医療の質の評価・向上に係る実践を学ぶ機会を提供する。
3. 教育課程の標準は2年コースであるが、2 年以上の実務経験を有する医師については、その実績に鑑み、効率的・効果的に公衆衛生学の知識と技術を付与する、1年コースを設置する。これは、入学時に実践課題のテーマを確認したうえで、学生を研究室に配属するとともに、前期に必修科目と選択科目を履修し、後期は残りの必修科目と選択科目および実践課題のテーマに集中した履修を行うカリキュラムとする。

博士後期課程

博士後期課程は、聖路加国際大学公衆衛生学研究科の、社会における人間の健康と幸福の保持・増進に寄与する高度専門職業人を養成するという設置目的を基本とし、さらにその教育を支える教員の養成ならびに新たに生じる公衆衛生的課題を科学的に分析・評価し、その結果を実践に役立てる高度な研究能力を有しこの分野を牽引するリーダーとなりうる人材の育成を目指している。このため教育課程の編成は専門職学位課程に求められる知識、技能を有していることを前提に、教育者ならびに研究者に求められるより深い専門知識・技能ならびに高い研究能力を身に付けることに重点を置いている。

(聖路加国際大学 教育に係る方針等に関する規程 別表2)

学生の受け入れ方針(アドミッションポリシー)

専門職学位課程

社会における人間の健康と幸福の保持・増進に寄与する高度専門職業人を養成するため、実務経験のある社会人を中心とした以下のような学生を受け入れる。
1.臨床経験や実務経験のある医師・歯科医師、看護師・保健師、病院事務職
2.薬事行政や治験などの分野で実務経験のある、もしくはそれらの分野での実践、実務を志向する薬剤師・CRC
3.医療・保健・福祉関連分野で実務経験のある、もしくはそれらの分野での実践、実務を志向する非医療従事者(統計家、行政職員等、医療ジャーナリストなどメディア関係者)
4.国際保健分野、国際機関等での実践、実務を志向する者
5.公衆衛生分野に関する知識と技術を実務に還元するための具体的な目標を持つ者

博士後期課程

修士(公衆衛生学)または公衆衛生学修士(専門職)の学位を持ち、将来、
1.行政組織、医療機関、研究機関、企業等において公衆衛生分野の実践に役立つ高度な研究に関して指導的活動に携わることを目指す者
2.公衆衛生の実践に従事できるための指導力ならびに実践力の向上を目指す者
具体的には
・臨床経験や実務経験のある医師・歯科医師、看護師で臨床研究中核病院等、医療機関の臨床研究・治験部門で指導的役割を志す者
・医療政策の策定に必要な統計データを収集する組織などで指導的立場において実践を志向する生物統計家
・薬事行政や治験などの分野で実務経験のある、もしくはそれらの分野で指導的立場において実践を志向する薬剤師・CRC
・国際保健分野、国際機関等での管理職級のポスト(いわゆるDポスト)を志向する者
等を入学者として受け入れる。
また医療・保健・福祉の分野における国内外の諸問題をグローバルスタンダードに照らし合わせ解決する国際的な学修環境を提供するべく、MPH (Master of Public Health)の学位を有する外国人留学生を積極的に受け入れる。

(聖路加国際大学 教育に係る方針等に関する規程 別表2)