教育

健康・行動科学分野

Division of Health and Behavioral Sciences

この分野では、人の健康に関わる多くの複雑な社会的問題や行動的問題を理解し、革新的な解決方法を見出すために疫学的研究手法と合わせて社会科学理論を適用することを目的とします。この分野では、日本人、外国人についての多様な健康の社会的決定要因、ヘルスケア実施に影響を及ぼす文化と歴史について学習します。当分野の活動は、学生の方(研究者の方も実務者の方も同様)に対して、さまざまな臨床状況に応用できる、医療介入の実際の現場での実施時に使える技術を与えることに焦点を当てています。

科目

健康・行動科学

このコースでは社会的・政治的構造、文化的背景・環境、社会経済的な状態、コミュニティと組織的風潮を含む、健康の社会学的な決定因子に慣れ親しんでもらう。このコースを終える際には、学生は上記のトピックスに表されるような、ヘルスケアと疾病の結果におけるリサーチクエスチョンを組み立てることができる。(必修・後期)

担当教員:
デシュパンデ

医療人類学

この科目では社会文化人類学とバイオサイエンスの交わりを、健康と疾病の文化的・社会的側面に着目して紹介する。このコースを受講する学生は、人類学的な観点で定義される文化や信条といった文脈の中での健康、病気、健康管理について、日本国内外の多岐にわたる健康行動の評価することができるようになる。この視点を理解することで、医療提供者と研究者が、健康向上のために患者中心の考えを軸とし、目的や用途に合った医療介入やインフラ整備を可能にする。(選択・後期)

担当教員:
デシュパンデ

生命・医療倫理学総論

本科目では、倫理的な医療実践に必要な知識や諸概念、臨床現場における倫理的判断の基本を学び、患者や患者・家族の人権擁護、知る権利、 QOLの向上などの側面から、医療における倫理とは何かを探求することを目的とする。(選択・前期)

担当教員:
鶴若

公衆衛生の倫理学

本授業では、生命・医療倫理学の歴史的背景をふまえ、公衆衛生領域での実践と研究のなかで生じ得る倫理的問題を理解し、分析・検討する力を養い、人を対象とする研究の企画実施に際して知っておくべき倫理的事項について学ぶ。(選択・後期)

担当教員:
鶴若