公衆衛生大学院について

学長あいさつ・研究科長あいさつ

 WHOが世界的大流行(パンデミック)を表明した2020年新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は、公衆衛生という概念の重要性と、感染予防における個人衛生と集団の健康の関係を、過酷な経験を通じて私たちに教えてくれました。またCOVID-19は、疫病が医療のみならず政治・経済・教育・交通・差別心理等、様々な分野に甚大な影響を及ぼす災害であることも教えてくれました。
 本学母体である聖路加国際病院は、1925年に公衆衛生専門医師と保健師を採用し、公衆衛生の理解が乏しい時代を切り拓き、現代までその実践は綿々と受け継がれてきました。公衆衛生大学院(専門職学位課程)においては、米国のスタンダードに準拠して修了要件が42単位と我が国の大学院設置基準の修了要件30単位を遥かに上回ります。
本学の“実践を重視する校風”に触れ、公衆衛生の知恵と技をもって社会貢献のできる高度専門職業人を目指しませんか。

学長 堀内 成子




TAKAHASHI Osamu

 新型コロナウイルス感染症の世界的大流行により、世界がより密接に繋がっていること、そして人々の医療や健康に関する課題がグローバル化していることが証明されました。また世界の人々が健康で暮らす社会の実現には、医療従事者だけではなく、さまざまな分野のエキスパートが国際的に力を合わせて問題解決に取り組むことの重要性が再認識されました。
聖路加国際大学公衆衛生大学院は、専門職学位課程(Master of Public Health: MPH)と博士後期課程(Doctor of Public Health: DrPH)の2つのプログラムで構成され、健康に関する課題をグローバルな視点でとらえ、解決策を見出すことのできる公衆衛生のプロフェッショナルを養成しています。国際認証に基づく世界水準のカリキュラムを英語で提供するとともに、社会人学生が仕事や家庭とバランスをとりながら学べるように、オンラインによる授業を積極的に取り入れています。
専門職学位課程のカリキュラムは、公衆衛生学的アプローチに不可欠な基本5領域の必修科目に加え、豊富な選択科目と実践課題を通して、将来公衆衛生のプロフェッショナルとして活躍するために必要な資質(コンピテンシー)を身につけられるように設定されています。
博士後期課程は、公衆衛生の課題についてより高度な分析・評価の出来る人材の育成や大学院レベルの教育を担う教員を養成するため、疫学・生物統計学に特化したカリキュラムを設定しています。
本大学院の大きな特徴の一つは「多様性」です。国内外からさまざまな経験やバックグラウンドを持つ教員と学生が集まり、授業や実践課題だけでなく、インターンシップや地域貢献などの課外活動を通して、プロジェクトや研究など新しい価値が創造されています。また隣接する聖路加国際病院は「医療の質を数値化して公表する取り組み」で国際的に高い評価を得ており、本大学院の学生はその臨床データを活用して研究を行うことができるということも特徴の一つです。
今年で開設5年目を迎えますが、新科目の設置(専門職学位課程に「医療技術評価概論」と「公衆衛生のための数学」、博士後期課程に「医療における経済的評価」)や博士後期課程の秋入学の受け入れ開始など、時代のニーズに合わせて、今も進化を続けています。修了生の進路は医療や製薬の分野にとどまらず、IT企業、厚生労働省や各地方自治体などの政策機関、国際機関など幅広い分野で活躍してくれています。また働きながら博士後期課程に進学する学生も増えています。
人々が健康で幸福に暮らす社会を実現するために、自発的に学び、世界と強調して問題解決を目指す方々が入学されることを期待しています。

公衆衛生学研究科長 高橋 理