入学について

オープンキャンパス

入学をご検討中の方を対象に、オープンキャンパスを開催します。
また、随時個別のキャンパスツアーを実施いたしますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

オープンキャンパス

オープンキャンパスは、春と秋の年2回実施しております。
今年度は下記の通り開催いたします。詳細が決定次第、新着情報にてお知らせいたします。

 

春期:2023521日(日)

 

 

秋期:20231015日(日)

 

・シンポジウム
・公衆衛生学研究科概要説明
・修了生/在校生プレゼンテーション
・カリキュラムの紹介(MPH/PhD)

・質疑応答 など

・シンポジウム
・公衆衛生学研究科概要説明
・修了生/在校生プレゼンテーション
・カリキュラムの紹介(MPH/PhD)

・質疑応答 など

 

(スケジュールと開催内容は変更になる場合がございます)

2023年5月21日(日)開催 オープンセミナー

公衆衛生のパイオニア-聖路加から世界へ-

日時:2023年5月21日(日)13:30-17:30
会場:聖路加国際大学 聖路加臨床学術センター 地下1階 日野原ホール(オンライン配信あり)
定員:会場参加・先着100名 オンライン参加・先着300名

 聖路加病院(現・聖路加国際病院)の創設者のルドルフ B. トイスラー博士は1901年の開設当初から公衆衛生を重視し、聖路加女子専門学校(現・聖路加国際大学)のカリキュラムに公衆衛生看護学を導入するとともに、アメリカのロックフェラー財団と日本政府を橋渡しすることで現在の国立保健医療科学院の設立に尽力しました。また、東京市長の要請を受けて都市型保健所の第1号である現在の東京都中央区保健所の設立に協力するなど、日本の公衆衛生を切り拓くための活動に力を注ぎました。聖路加ではその思いが長年にわたって継承され、病院や教育の場で公衆衛生の実践・教育・研究が行われてきました。
 今回のオープンセミナーでは、聖路加と日本の公衆衛生の歴史を紐解きながら、なぜ今聖路加が公衆衛生大学院を開設し、世界で活躍するプロフェッショナルを育てる教育を行っているのか、歴史、教育、キャリア形成の観点からご紹介します。ご入学を検討されている方をはじめ、ご興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。第1部のみの参加も大歓迎です。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラムの一部コンテンツを期間限定で公開しています。当日参加できなかった方はこちらよりご確認ください。(コンテンツの内容、画像等の保存・転載などは固くお断りいたします)

【第1部 シンポジウム】 (言語:日本語)

講演1 聖路加国際大学/聖路加国際病院と日本の公衆衛生の歩み 

大出 幸子 (公衆衛生学研究科 疫学分野教授)

講演2 システム思考で探る公衆衛生課題の解決策

西 信雄 (公衆衛生学研究科 研究科長・疫学分野教授

講演3 聖路加のMPHをキャリアに活かす

小野崎 耕平(公衆衛生学研究科 医療政策管理学分野教授)

【第2部 研究科紹介】 (言語:英語)

カリキュラムの紹介(MPH) 浦山 ケビン(疫学分野教授)
カリキュラムの紹介(PhD) ラーマン マハブブール(疫学分野教授)
入試情報 ラーマン マハブブール(疫学分野教授)