教育

国際保健科学分野

21世紀に入り、グローバル化は健康の分野においても急速に進んでいます。モノや人の移動により感染症のアウトブレイクは国境を超え、地球環境の変化による自然災害がもたらす健康被害は増加し、政治経済の影響を受けた社会的格差が拡大しています。このため国際保健の概念は先進国から途上国への支援という視点から、どの国や組織も同じ立場で世界の全ての人々の健康を考えるという視点に変化しつつあります。本学の国際保健科学分野は、WHOなどの国際機関やフィールドにおいて実務経験を有する教員により、公衆衛生を地球規模で考えることができる人材の育成・研究に取り組んでいます。

科目

国際保健学

世界の途上国、先進国の人々の健康の現状、改善目標(MDGsなど)ならびにその国際協力の仕組み(二国間協力、多国間協力など)と実施機関(JICA,WHO、NGO等)を理解したうえで、それぞれの課題と解決策を学修する。(選択)

国際感染症学

三大感染症と言われるエイズ/HIV・結核・マラリア、インフルエンザなどパンデミックを引き起す急性感染症、フィラリア症をはじめとしたNeglected Tropical Diseases、あるいは西アフリカにおける大規模アウトブレイクを起こしたエボラ出血熱など21世紀に入り世界の人々の健康を脅かしている感染症の現状と背景をなしている課題を学修する。そしてサーベイランス、field epidemiologyなどの手法を学修し、公衆衛生専門家としてアウトブレイク対策やバイオセキュリティ、バイオディフェンスにおける役割を学修する。(選択)

母子保健学

わが国の母子保健、および国際母子保健における基本的知識と方法論を理解し、その有効性と限界を考察する。また、母子保健領域の公衆衛生学研究の視点から考察を深め、研究に対する探究心を養う。(選択)