看護学部collage of nursing

学部長挨拶

看護学部長 吉田俊子

看護学は人を対象とした学問であり、看護職はあらゆる地域、人々の健康を支えていく重要な役割を担っています。超高齢社会が到来し、人々の健康を担う看護の役割はますます重要となり、活躍の場も拡大しています。しかしながら、役割を拡大していくには看護学の基盤を持つことが要となります。本学では長い歴史の中で一貫して、一流の医療人・看護職としての基盤を育む教育を行ってきており、現在の教育へとつながっています。

学び続けることは、人としての根幹にあるものであり、新しい自分を開花させていく過程ともいえます。本学の学びの先にはどのような新しい自分が待っているのか、自身の可能性に枠を設けることなく、探求心をもって歩んでほしいと思います。大学生活で出会う様々な体験や経験は、学びの深化へとつながっています。本学での学びを通して、自分という媒体を生かし、どのように社会に貢献するかを考え実現する力を持つ、生涯を通じて自己成長しつづける看護職としての基盤を育んでほしいと願っています。

看護学部長 吉田 俊子