看護学研究科Graduate School of Nursing Science

博士後期課程とは

社会人入学制度も導入し、良質な学修環境で高い向上心に応えます

高度な能力を持つ看護専門職の育成を目的として開設した博士後期課程は、充実したコースワーク、研究指導に熟達した教授陣を配しています。本学はWHOプライマリーヘルスケア看護開発協力センターに任命されており、2004年度から社会人入学制度も開始。修了生は、国内外の臨床・教育の場でも活躍しています。2017年度にはDNP(Doctor of Nursing Practice)コースを開講予定です。