教員・専門領域Faculty and Research

在宅看護学

在宅看護領域は、世の中の変化を先読みし、教育と研究を通して、人々の健康生活がより豊かになるような看護実践を開発していきます。私たちは、在宅看護を単に訪問看護することだけにとどまらず、退院支援や地域包括ケアシステムの構築、もっと言えばまちづくり全体に看護としてどのように関わっていくのかということまで幅広くとらえています。人は自宅で生活することが普通のことですが、その普通のことを病気や障害をもったとしても続けていくことができるよう何ができるのか、みんなで考え、みんなとそれを共有していきたいと考えています。
私たち担当教員は、地域看護専門看護師、在宅看護専門看護師の有資格者を含み、在宅における看護実践経験を豊富に持っています。私たちは、在宅療養者個人、家族、ケアチーム、地域の医療・介護に関わる資源、制度的背景など多様な切り口から在宅看護における課題をアセスメントする能力をもって、聖路加で学ぶ方々への学習支援を行っています。

研究室教員

  • 職名教授/Professor
  • 担当分野在宅看護学
  • 職名准教授/Associate Professor
  • 担当分野在宅看護学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野在宅看護学

活動紹介

学部教育、大学院教育を基本としますが、そのほかにも、看護師の生涯教育の一環として、訪問看護認定看護師の養成及び継続教育、そしてまた退院支援看護師の養成プログラムの展開と活動支援を行っています。

また、これからは訪問看護の需要が急増することを見込み、新卒でも訪問看護ステーションに就職し看護師としてのキャリア・アップを図ることができるための環境整備を考える会として、「きらきら訪問ナース研究会」を立ち上げ検討を始めました。

東日本大震災後は、大学が取り組んだ福島県災害支援プロジェクト(NPO法人日本臨床研究支援ユニット/代表:大橋靖雄氏の「きぼうときずな」との協働事業)に際しては、プロジェクトリーダーとして参画し、現在もそれを続けています。

また本学の、People-centerd Care(PCC)を大切にする理念に基づき、東京都中央区住民らとの協働事業として「家で死ねるまちづくり-はじめの一歩の会」をサポートしています。

在宅看護学担当教員は、臨床推論、End of Life Care、地域における看護管理、医療政策などのそれぞれの関心分野を持ちながら、地域看護学や看護管理学の教員と一緒になって研究を行っています。

教育活動

  • 学部教育
    地域・在宅看護学(2年生)、地域・在宅看護学実習(3年生)、総合実習(4年生)を行っています。これらの科目では、少子・高齢社会を支える地域ケアシステムを考え、療養者/家族、コミュニティへの在宅療養を支援する姿勢の育成を目指しています。
  • 大学院教育
    修士課程では、在宅看護専門看護師取得に向けたコースと修士論文コースの2つを開設しています。特論を通して、在宅療養者を多角的にアセスメントしする方法について学び、演習では仮想訪問看護ステーションの設置計画を立案するなどの学習から、修了後、自立して自由な発想を持って在宅看護実践を切り開くことができる能力を身につけてほしいと考えています。

社会貢献活動

担当教授は、全国訪問看護事業協会理事、東京都訪問看護推進部会部会長などの立場から、訪問看護の充実に向けた幅広い活動を行っています。
また、聖路加国際大学福島県災害支援プロジェクトや聖路加国際大学研究センター、PCC事業として、「るかなび」や「家で死ねるまちづくり—はじめの一歩の会」の運営に参画し、在宅看護で培った知識・技術を人々に還元しています。

過去5年間の修士/博士学位 論文テーマ

修了年度 論文テーマ
2013 自宅で暮らす経度・中等度認知症高齢者と家族に関わる訪問看護師の行動とその意図
2013 退院支援看護師の院内院外システム化に向けた役割に関する研究-評価尺度開発の試み-
2012 地域医療における倫理的課題に関する事例研究~身寄りのない認知症高齢者への血液透析導入を検討した事例~
2012 訪問看護師が行う一人暮らし認知症高齢者への援助の構造~身体的、精神的症状の安定化を図る援助に焦点を当てて~
2011 在宅療養者の摂食・嚥下障害に対するケアの質改善に向けての事例研究
2011 排便ケアにおける訪問看護師の臨床判断の特徴-病棟看護師との違いに着目して-
2010 訪問看護師が行う退院調整の実際と課題