教員・専門領域Faculty and Research

精神看護学

精神看護学は、こころの健康問題や病を持った人が回復(リカバリ)を体験し、その人らしさを取り戻して生活していくことを、看護職として支援する方法を考え実践する分野です。そのために、看護職として何ができるかを考えるのはもちろん、さまざまな職種の人とチームを組み、精神疾患やこころの健康問題をもつご本人が中心となって、治療や生活支援が進められるよう、支援を考えていきます。また精神看護は、医療施設だけではなく、職場、学校、地域など生活の場において展開されます。
私たちの研究室では、精神看護や精神保健医療福祉の質の向上に貢献できる実践家、教育者、研究者を養成することを目標に、教育と研究をすすめています。

研究室教員

  • 職名教授/Professor
  • 担当分野精神看護学
  • 職名准教授/Associate Professor
  • 担当分野精神看護学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野精神看護学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野精神看護学

活動紹介

私たちの研究室では、教員・院生共にさまざまなプロジェクトに取り組んでいます。そのテーマは、「アウトリーチ」「精神科訪問看護」「質的研究方法」などさまざまです。テーマは違っても、私たちが目指しているのは、現在までにわかっていることを伝える教育ではなく、今ある実践の基礎を伝えることはもちろんですが、「実践をよりよくする方法を考えるための研究」に取り組むことです。研究手法は、質的研究、量的研究を研究目的に応じて組み合わせます。特に質的研究方法の洗練は研究室の研究・実践課題の一つでもあります。
もうひとつは、現在、精神医療保健福祉現場の第一線で活躍する実践家をサポートする活動です。この手段として事例検討会を行っています。教員が臨床の場に伺って行う困難事例のケース検討会もありますし、管理職のサポート、そして大学で開催している訪問看護と専門看護師を対象とした事例検討会があります。私たちは、事例の理解を通して日々のケア実践の意味を再確認するための活動を大切にしたいと考えています。
こうした多様な活動に、院生と学部学生が参加します。学生には、これらの活動を通じて実践の技を知ると共に、それを支えるための研究・教育活動のノウハウを学んでもらいたいと考えています。

研究活動

  • 多職種アウトリーチ(訪問支援)に関する研究
    精神障害者アウトリーチ推進事業のプロセスとアウトカムの評価研究を行いました。現在は、同事業が制度化されたことによって実践がどのように展開されているかを調べるための研究を行っています。
  • 精神科訪問看護の実態・効果に関する研究
    精神科訪問看護の普及と質の向上、そのための体制づくりのために、精神科訪問看護に関する実態調査や利用者の特徴、提供されているケアの内容、訪問看護の効果、病棟・地域連携のためのクリニカルパス作成などについて、様々な角度から調査研究を行っています。
  • 精神障害者の重症度判定及び重症患者の治療体制等に関する研究
    地域で生活することが非常に困難な状態にあり、長期に入院治療が必要な「重度かつ慢性」患者の基準と、これらの患者に必要な治療の指針を明らかにすることを目的とした研究に参加しています。
  • 質的研究の教授方法、評価基準、査読方法に関する研究
    看護学の質的研究方法を用いた学位論文の教授方法、評価基準を作成・開発しています。また、質的研究方法を用いた研究論文をどのように査読したらよいかについて研究を進めています。
  • 災害時における保健師の活動とサポートに関する研究
    災害時に住民対応を行った保健師への支援方法を検討するための研究を行っています。

教育活動

看護学部では、主に2年から4年時にかけて精神看護およびこころの健康、対人援助職に必要な人や集団の行動や状況について学びます。講義科目は、集団力動論(2年)、メンタルヘルスと家族(2年)、精神看護学:基礎(2年)、精神看護学:実践方法(3年)、看護ゼミナール:精神看護(4年)、総合看護・看護研究Ⅱ:精神(4年)があります。実習は、精神科病院で行う看護学実習:精神看護学(3年)、地域における精神看護学ぶ総合実習(4年)があります。
大学院の修士課程では、修士論文コースおよび上級実践コースがあります。修士論文コースでは、精神看護分野の知識を深めながら研究方法を学びます。上級実践コースでは、精神看護専門看護師を目指して高度な看護実践方法を学びます。
博士課程では、精神保健医療福祉に関する研究を行っています。
精神看護学研究室では、院生や教員の研究経過報告、看護実践の報告等を行う場として定期的にゼミも開催しています。

社会貢献活動

  • 精神科訪問看護事例検討会:地域で精神疾患を有する事例について、訪問看護師をはじめ保健師、精神保健福祉士など多職種で支援を検討します。
  • CNS事例検討会:精神看護専門看護師として活動しているスペシャリストのピアサポート、また専門看護師を目指す人の学びの場として、専門看護師が対応した臨床事例を検討しています。
  • 質的データ分析演習:質的研究に取り組んでいる研究者・大学院生・臨床実践者等を対象とし、様々な分析過程にある質的データを、講師と参加者とが双方向に意見を出し合いながら、分析を進めていくプロセスを共有する演習形式の講座を行っています。
  • 臨床実践支援活動:現場に伺って精神看護実践者の支援、研修などを行っています。
    長谷川病院 東京都立小児総合医療センター 東京武蔵野病院 千葉県精神科医療センター 全国訪問看護事業協会 全国訪問看護振興財団 日本精神科看護協会 日本看護協会 など
  • 学会における活動:教員は、関連分野の様々な学会、地域のNPOなどで役員をつとめています。:日本看護科学学会、日本精神保健看護学会、日本精神衛生会、日本在宅ケア学会、医療科学研究所、NPO法人つつじ など

過去5年間の修士/博士学位 論文テーマ

修了年度 論文テーマ
博士論文 2014 精神障がいを持つ女性が結婚・出産・子どもとの関わりを通して他者から受けたエンパワメントの主観的体験
2013 精神障害者地域移行・地域定着事業を利用し退院に至った長期入院統合失調症患者のエンパワメントのプロセス
2012 地域に潜在する支援に結びつき難い要支援者への訪問支援における接近のための技術:保健師および訪問看護師の比較分析から
修士論文 2014 難治性の統合失調症患者に対する訪問看護師の看護技術の関する記述
2014 Shared Decision Making(SDM)で治療法を決める過程での当事者の体験と看護支援へのニーズについて
2013 幻覚妄想状態にある急性期統合失調症患者の経口摂取に関する精神科看護師の臨床判断の実際
2012 2型糖尿病をもつ統合失調症者へ行う精神科熟練看護師の糖尿病悪化を防ぐためのケアの構造:訪問看護師と病棟看護師の比較から
2011 精神科病院での勤務を経て地域で働く看護師の体験と困難への取り組みのプロセス

院生の声

私は9年前に本研究室の門戸を叩き博士前期(修士)課程で学ぶ機会を頂きました。現在は,博士後期課程3年目になります。本研究室について、私自身はたくさんの魅力を感じています。
大学院で学ぶ過程では、逃げたいと思っている自分に直面したり、イレギュラーなことに遭遇したり、自分自身の思い込みが強く行き詰ったりして、目標を見失うことや自信をなくすこともあります。そんな時、指導教授から、どんな状況でも自身の成長のチャンスだと気づけるようなスーパーバイズをしてくださっているように思います。自分が受けたスーパーバイズから学ぶことも多いです。
また、研究室の先生方や仲間は様々な視点を持っておられ、先生方や仲間との交流から“そんな見方もあるんだ”と刺激を受けることも多いです。自分自身の視点を見つめつつ、互いに学びあえる場を作ることも学べます。
さらにこの研究室では、先生方がたくさんの研究をなさっているので、様々な研究に参加させて頂けます。自分自身がコミットできる研究テーマに関わらせていただくことで、研究の姿勢やノウハウを学ぶことができます。
この研究室で学んだことを活かして、精神科看護の研究、教育、実践に携わり続けることが私の夢です。

博士後期課程 関本朋子