教員・専門領域Faculty and Research

ウィメンズヘルス・助産学

ウィメンズヘルス・助産学専攻は、ウィメンズヘルスと助産学の2つの分野からなります。ウィメンズヘルスは、女性の一生涯にわたる健康という視点から、心身社会的な健康の側面を統合的に捉え、女性の体験および意思を尊重した個別的なケアの提供を目指します。助産学は、主に妊娠・出産・育児期にある女性が元来持つ力を最大限に引き出し、安全で安心できる環境の中で、女性と家族との恊働し支援を展開します。ウィメンズヘルス・助産学では、Women-centered care(女性を中心にしたケア)を重視し、実践と研究を推進しています。さらに、日本において発展させてきた細やかで温かいケアを、国際的な支援活動として広げていっています。ウィメンズヘルスでは、上級実践コース(母性看護CNS)と修論コースがあります。助産学は、上級実践コースとして助産師国家試験受験資格取得とタンザニア連合共和国母子保健支援ボランティア連携事業の2コース、修論コースがあります。ご自身のキャリアプランに合わせてお選びください。

研究室教員

  • 職名教授/Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名教授/Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名准教授/Associate Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名准教授/Associate Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名准教授/Associate Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学
  • 職名助教/Assistant Professor
  • 担当分野ウィメンズヘルス・助産学

活動紹介

ウィメンズヘルス・助産学では、研究、教育、実践、社会貢献活動を幅広く行っています。教育活動では、大学院におけるウィメンズヘルス・助産学の専門科目に加え、学部では周産期看護学やセクリャルヘルスを担当しております。さらに、本学教育センターでは、不妊症看護認定看護師コースを立ち上げ、毎年修了生を排出しております。研究活動は、各教員がそれぞれ追求する研究領域を持っており、学会発表や論文投稿を行っています。文部科学省の科学研究費を始め、多くの研究助成を受け、研究を精力的に進めています。また、学問分野への功績が認められ、数々の受賞も受けています。博士後期課程の学生は、教員の研究のリサーチアシスタントとして、研究の実際を学ぶ機会が多くあります。実践活動としては、本学研究センターにおいて, 死産等で子どもを亡くした女性と家族のためのサポートグループやカウンセリング、兄姉になる子どもと家族のための出産準備クラス、不妊治療中もしくは不妊治療を考えている女性の相談サロンなどユニークな活動を行っています。これらの活動は、新たな実践方法の開発と評価など研究と実践を結びつける場ともなっています。社会貢献活動として、日本助産学会、日本生殖看護学会など理事や委員会委員として活動しています。

研究活動

ウィメンズヘルス・助産学を構築するために、教員はそれぞれ研究テーマを持っています。その中の一部をご紹介しましょう。堀内教授は、妊産婦の睡眠と胎動に関する研究、オキシトシン分泌を促進するケアの研究、タンザニアの母子保健向上に向けた研究等の結果を世界に向けて発信しています。森教授は、不妊症看護およびセクシュアリティ、性教育に関する研究の日本の第一人者です。片岡准教授は、助産ケアの評価研究、助産所の安全性に関する研究、DVや虐待の予防と早期発見に関する研究を推進しております。五十嵐准教授は、在日外国人や難民女性の健康支援、災害時の母子支援に関する研究と実践を先駆的に行っています。蛭田助教は、ペリネイタルロスに関する研究を継続的に行っており、現象学を基盤とした質的研究を中心に行っています。小黒助教は、ミャンマーにて、特に医療へのアクセスが悪い農村部に入り込み女性のエンパワーメント、母子の健康を向上するための研究を実施しています。飯田助教は、Women-centered careに関する尺度開発や関連因子の探索の研究を行っています。新福助教は、国際協力の経験からタンザニアでの助産教育の立ち上げに関わり、安全な妊産婦ケアや思春期の子どもへの教育を研究的に推進しています。

教育活動

ウィメンズヘルス・助産学の教員は、学部と大学院の両方の教育に携わっています。学部では、主に周産期看護学、セクシャルヘルスを担当しています。周産期看護学は、女性の生理的変化と胎児・新生児の成長・発達や胎外生活適応への過程に関する理解を踏まえ、母体及び胎児・新生児のより良い健康を保持・強化するためのアセスメントおよび必要な看護に焦点をあてています。Team-Based Learning (TBL)による教授法をいち早く取り入れました。周産期看護学実習は、聖路加国際病院と聖路加産科クリニックで行っています。
大学院では、ウィメンズヘルスおよび助産学の修士論文コースと上級実践コースを担当しています。助産学の上級実践コースは、助産師の国家試験資格を取得するコースです。講義のみならず、病院や助産所での実習志度も臨床スタッフと共に行っています。修士論文や課題研究の指導は、学生の興味や動機を大切にし丁寧に行っています。2015年度からウィメンズヘルスの上級実践コース(母性看護CNS)の教育を始めました。また、不妊症看護認定コースの教育にも携わっています。ウィメンズヘルス・助産学では、博士課程の学生も多数在籍しています。それぞれの研究テーマを深め、より質の高い研究論文作成に向けて、進めています。

社会貢献活動

東京都助産師会の「AYAの会」とともに、「あなたがいて幸せ」のキャッチフレーズをもと、小学校で「いのちの誕生」の教育を行っています。新たな試みとして、高校生へのキャリアプランに関する連続講座も始めました。また、中央区と協働し、妊産婦さんにプレママクラス(母親学級)を担当しています。
相談活動では、「女性のよろず健康相談」として、性・避妊・不妊・出生前診断・妊娠・出産・育児・更年期など、女性のライフステージの節目に遭遇する健康上の気がかりや悩みの解消をお手伝いしています。また、「Baby in ME」では、子どもを産み育てる人々にやさしい社会をつくりたいと考え、メールでの健康育児相談も行っています。BABY in MEはオリジナルグッツが販売れているほか、マタニティ・カレンダーはアプリになっています。
東日本大震災への支援活動として、岩手県陸前高田市の女性たちの声をもとに、女性の避難袋"オンナのなっても袋"を開発し配布しました。被災地で配布したオンナのなっても袋をベースに「女性の避難袋」を考案し、販売されています。また、防災への啓蒙活動として、岩手県の会社とコラボレーションして手拭いを考案し、「レディのココロエ」として日本語版、英語版で販売されています。

過去5年間の修士/博士学位 論文テーマ

修了年度 論文テーマ
修士 2014 大学1年生を対象としたライフスキルを組み入れた性教育ロールプレイの試み
2014  外国人ケア向上のための看護者育成プログラムの評価
2014  妊娠期乳がん・既往乳がん妊産婦への支援:事例集積研究
2014 

Comparing the Qusestionnaire Outcomes with Cognitive Interviews after a Reproductive Health Program among Adolescents in Rural Tanzania

2014 妊娠前教育としての高校生への性教育授業プログラムの開発
2014 就業看護職者の月経随伴症状が仕事に与える影響
2014 次世代型母子健康手帳『親子健康手帳』有用性の評価 -親と子のために-
2014 産科施設における音楽の活用実態 -音楽療法に焦点をあてて-
2014 混合研究法による助産師の心的外傷体験の実態: PTSD、レジリエンス、心的外傷後成長との関連
2014 父親に対する死産のケアに看護職者が抱く困難感とケアの実態
2014 初めて死産のケアに従事する助産師の体験
2014

日本在住の難民女性に対するリプロダクティブヘルス向上をめざすプログラムの開発と評価

2014 産褥早期の疲労感と妊娠・分娩経過との関連要因の探索
2014 子どもが出産に立会っていた産婦の体験
2014 自宅出産における母児の予後に関連する要因の検討および搬送例の実態
 2014 帝王切開既往女性の次子分娩様式選択に関する現状と課題
2014 自然陣痛発来のための開業助産師のケアの実践
2012 助産師が語る「陣痛が乗ってきた」と判断する際の手がかり
2012 水中分娩の実施方い法に関する現状調査
2011 出産後2ヵ月から6ヵ月の母親の精神的、身体的健康増進を目指すプログラムの評価
2011 助産実践における女性の視点からのDVスクリーニング尺度の検討
2010 妊娠中に子どもが重篤な状態であると知らされた母親の意思決定の構造化
2010 Evaluation of a Reproductive Health Awareness Program for Adolescence in Urban Tanzania.
博士 2014

NICUにおける家族中心のケア(Family-Centered Care)を促進する個人的・ 組織的要因

2014

Randomized Control Trial using Smartphone Website vs Leaflet to Support Antenatal Perineal Massage Practice for Pregnant Women

院生の声

地球規模で母子保健を捉える助産師になりたい

企業にて接客業を3年間、法律事務所で秘書として5年間勤務後、看護大学へ進学しそのまま大学院に進学をしました。勤務経験から法律では解決できない人々の想いや苦しみを知り、正誤ではなく直接的な人との関わりの中で人々の想いや生き方の実現を支援したいと考えました。妊娠・出産は、誕生の大きな喜びと対照的な誕生死という過酷な現実もあります。助産師は、出産に深く携わると同時に、幅の広く女性に関わるところに魅力を感じています。看護大学在学中にタイ、バングラデシュ、タンザニアを訪問する機会にも恵まれ、経済格差に関わらずどの国でも人間の誕生を支援する助産師は必要とされることも痛感しています。現在は大学院にて、同じ女性として生き方、信念、姿勢に共感と同時に強い憧れと尊敬の念を抱く教授陣に囲まれ、広い視野で物事を考え判断できるよう日本だけに留まらず地球規模で母子保健の向上についての学習を深めています。

助産学上級実践コース:川野嘉子